エフゲニー・オネーギン

安心・簡単に利用できるチケットビスでエフゲニーオネーギンのチケットを確保しましょう!
チケットビスではエフゲニーオネーギンのチケットをお探しの皆様の為に豊富なチケットをご用意させていただいています。

シェアリングエコノミーの市場で実績を持つチケットビスなら、どなたでも安全かつ簡単にチケットを購入する事ができます。下記の一覧からお好きな一枚を選んで下さい。

エフゲニー・オネーギン」はロシアの国民的詩人と言われるプーシキンの代表作であり、1823年から1830年にわたって書かれました。
のちにオネーギン・スタンザと呼ばれる14行4脚弱強の各連を集めて全8章が構成され、詩形式で書かれているため、韻文小説と言われています。
その後1877年にチャイコフスキーがコントラルト歌手でもあったエリザヴェート・ラヴロフスカヤから、「エフゲーニイ・オネーギン」のオペラ化を提案され、作曲を手掛けました。

世界初演は1879年3月17日、32人編成のオーケストラ、ニコライ・ルビンシテインの指揮によって、モスクワ・マールイ劇場で行われました。この公演で中心をなしたのはモスクワ音楽院の学生たちで、合唱も28人の女子学生、20人の男子学生で構成されました。

チャイコフスキーにとって5作目のオペラとなるエフゲニー・オネーギンは、英雄や王族、美女等を取り扱った今までのイタリア・オペラ作品とは違い、当時のロシアの情景・出来事をありのままに描写した作品、オペラというよりも原作に挿絵のようにつけられた叙情的情景であった為に、初演の観客たちは戸惑いを隠しきれず、好評ではなかったといわれています。その後、人々に受け入れられるようになったのは、1884年のマリインスキー劇場以来だと伝えられています。

エフゲーニイ・オネーギンの日本での初演は1926年(大正15年)東京・帝国劇場において、来日中であったロシア歌劇団により実現しました。
日本人による初演は1949年(昭和24年)、同じく帝国劇場において、都民劇場第26回定期公演として藤原義江の演出、林白人の訳詞、木下保、宮本良平、大谷冽子、砂原美智子らの独唱、マンフレート・グルリット指揮の東宝交響楽団、藤原歌劇団合唱部によって上演されました。

是非あなたもチケットビスでエフゲニーオネーギンのチケットを確保して、初恋から転じる青春の後悔を描いた人間ドラマ、そして“手紙の場”など名場面がちりばめられた名作「エフゲーニイ・オネーギン」を是非、歌劇場で鑑賞しましょう。

安心で簡単、いつでもどこからでもお持ちのタブレットやスマートフォンからアクセスできる便利なチケットビスを利用して、ご希望通りの一枚を確実に確保しましょう。

海外のチケットでも日本語・日本円で購入できるのでどうぞ安心してご利用下さい。質問等ありましたらいつでもお気軽に当社のカスタマーサポートセンターにお問い合わせください。日本人スタッフが親切・丁寧に、電話やメールで、あらゆる疑問や問題を解決します。

チケットビスでエフゲーニイ・オネーギンのチケットを入手して、豪華絢爛なオペラの作品を心行くまでお楽しみください。


場所

  • 全て
  • ロシア
チケットはJPYでのお支払いとなります。USD表示はおおよその価格ですので、参考までにご覧ください。

国際イベント

マリインスキー劇場, サンクトペテルブルク, ロシア
USD133.09 から USD106.4 から ¥15,176 ¥12,133 まだお求めいただけるチケット: 6
USD133.09 から まだお求めいただけるチケット: 6
チケットを見る
マリインスキー劇場, サンクトペテルブルク, ロシア
USD66.54 から USD53.2 から ¥7,588 ¥6,066 まだお求めいただけるチケット: 10
USD66.54 から まだお求めいただけるチケット: 10
チケットを見る