オペラ&クラシック劇

安心して簡単に利用できるチケットビスで、オペラクラシック劇のチケットを購入しましょう!
只今チケットビスではオペラ・クラシック劇のチケットを多数取り揃えています。

シェアリングエコノミーの市場で確かな実績を持つチケットビスであなたのお気に入りの一枚を手に入れましょう!

17世紀初頭、イタリアのフィレンツェで始まったオペラ・クラシック音楽。古代ギリシャ劇を再現しようとして音楽と文学を融合させ17世紀中ごろにはローマ、ヴェネツィア等でも花開きました。貴族の宮廷で演じられていたオペラもやがて劇場公演がはじまり、ドイツやフランスにも渡りました。日本では明治時代にはいり、1894年に初めて東京音楽学校奏楽堂でハンガリー大使館職員による「ファウスト」第1幕が上演された事が現在日本で行われているオペラの原点となったといわれています。

その後戦前にはテノール歌手の藤原義江や日本を代表する作曲家、山田耕筰や作家の永井荷風等によって日本に積極的に紹介されましたが、外国作品を日本人が公演する場合には原語上演をせざるをえない状態が続きました。

1980年代に入ると日本語字幕で鑑賞する事も可能になり、現在では、海外での公演でも日本語字幕で鑑賞できる舞台も多くなってきており、クラシック音楽オペラも以前よりは親しみやすいジャンルとなってきています。

音楽チャートにクラシック音楽のアイテムが滅多に登場しないことからもお分かりのとおり、クラシックファンはポピュラー音楽ファンにくらべて圧倒的に少ないのが今の日本の現状です。
まだまだオペラやクラシック音楽を好んで聞く人口は少ないですが、モーツァルト・ベートーヴェン・ワーグナー等、天才達が生み出したクラシック音楽はきっと誰でも耳にした事はある筈。舞台を観る前に少し予習してから行くと奥の深い音楽やストーリーも理解でき、充実した時間を過ごせるでしょう。

今回はちょっとお洒落して、高貴な気分でオペラやクラシック音楽を堪能しませんか?癒しの効果があるというクラシック音楽で精神を清めましょう。

便利で安全なチケットビスなら海外のチケットでも、安心の日本語・日本円でいつでも購入する事がでいます。是非この機会にチケットビスでオペラクラシック劇のチケットを確保して会場まで足を運び、本物のオペラ・クラシック音楽を満喫しましょう!


カテゴリー