スカラ座

オペラの殿堂「スカラ座」で優雅なひとときを

スカラ座のチケットならチケットビスにお任せ下さい。世界中のユーザー達と売買できるこのサイトなら、あなたの希望通りの一枚が手に入ります。オペラファンなら一度は訪れたいオペラの殿堂スカラ座で素敵なひとときを過ごしませんか?

初代の建物が1776年に焼失し、その後新古典主義の建築家、ジュゼッペ・ピエルマリーニにより2年を費やして現在の劇場、「公国立スカラ新劇場(Nuovo Regio Ducal Teatro alla Scala)」が完成しました。「スカラ」という名前は以前サンタ・マリア・アラ・スカラ教会のあった場所に現在の新劇場が建設されたことからつけられており、その時始めて上演されたのはアントニオ・サリエリ作の「見出されたエウローパ」。その後、プッチーニの代表作である「蝶々夫人」や「トゥーランドット」等、数々の著名なオペラの初演の舞台となりました。外観は意外と地味で目立たない建物ですが、中は対照的な豪華絢爛な造りになっています。館内には史上最大の成功作と称賛された「椿姫」のマリア・カラス等、古くから現在までの有名オペラ歌手や、指揮者の写真等が飾られいます。さらにロビーから付属している博物館でも絵画、草稿、彫刻、衣装等オペラに関係する文書等が保有されており、ここでもスカラ座の歴史や魅力を堪能する事ができます。

スカラ座の楽しみ方

「オペラ界の炎の洗礼」とみなされている「天井座敷」。比較的安価に確保できるこの席で、熱狂的なオペラファンと共に鑑賞するのもひとつの楽しみ方かもしれません。2002年から2004年までに大改修が行われ、舞台が全面的に造り替えられました。拡大された舞台裏はより多くの舞台装置を収容でき、従来より多数の公演に対応できるようになりました。客席にはモニターが設置され、観客はオペラのセリフを英語、フランス語およびイタリア語で読むことが出来る様になっています。音響効果も改善され、さらに快適に最高のオペラが鑑賞できる様になりました。あなたも是非、当サイトでスカラ座のチケットを確保して、優雅なひとときを過ごしましょう。