フィガロの結婚

安心・簡単に利用できるチケットビスでフィガロの結婚のチケットを確保しましょう!
チケットビスではフィガロの結婚のチケットをお探しの皆様の為に豊富なチケットをご用意させていただいています。

シェアリングエコノミーの市場で実績を持つチケットビスなら、どなたでも安全かつ簡単にチケットを購入する事ができます。

フィガロの結婚」は、1784年にフランスの劇作家ボーマルシェが書いた風刺的な戯曲で、モーツァルトが作曲したオペラ作品です。台本はボーマルシェの戯曲に基づき、イタリア人台本作家ロレンツォ・ダ・ポンテが書きました。

原作は喜劇「セビリアの理髪師」、正劇「罪ある母」とともにフィガロ三部作と呼ばれています。

第1幕は、スペイン、セヴィリャのアルマヴィーヴァ伯爵の館で、伯爵の従者フィガロと、女中スザンナの結婚式当日の話から始まります。
突然フィガロはスザンナから驚きの事実を聞きます。それは、二人の主人である伯爵が、手先の音楽教師バジリオを使って、スザンナを誘惑しているというのです。
フィガロは怒って、伯爵をこらしめる作戦を考えます。

第2幕ではフィガロが考えた作戦を実行。伯爵に仕える少年ケルビーノにスザンナの服を着せて、伯爵がスザンナと夜こっそり会おうとしたときに、彼を差し向けて驚かせようというものです。しかしスザンナが少年ケルビーノに女装をさせている時、急に伯爵が現れて大混乱!
結局、フィガロの作戦は失敗に終わります。しかもフィガロにお金を貸していた女中マルチェリーナが、弁護人バルトロとやって来て、借金が返せないのならフィガロがマルチェリーナと結婚する約束だったと話し出します。

第3幕では大変な事実が発覚します。捨て子だったフィガロは、実はマルチェリーナと弁護人バルトロの二人の子供だったという事。そしてこの3人の親子とスザンナは、すっかり意気投合し、最終的にフィガロとスザンナは結婚式を挙げることができました。それでも懲りずにスザンナを誘惑しようとする伯爵を見かねた夫人は、今度は自分がスザンナの服を着て、密会の現場に行くことを決心します。

最後の4幕で、伯爵はスザンナの服を着た伯爵夫人をスザンナと勘違いして、甘い言葉をささやき始めます。スザンナと思って近寄った伯爵は、遂に実はそれが自分の妻だったことを知って大変驚きます。深く反省した伯爵のことを、夫人は温かく許してあげるというストーリー。

人の心はいつの時代も変わらず、誰もが陥る誘惑と遊び心を貴族社会の中に取り入れ、面白おかしく見事な喜劇に仕上げたオペラ作品です。

是非皆さんもハラハラドキドキのストーリーを生命力ある美しいモーツァルトの音楽とともにご満喫ください。

安心で簡単、いつでもどこからでもお持ちのタブレットやスマートフォンからアクセスできる便利なチケットビスを利用して、オペラの最高峰、フィガロの結婚のチケットを確実に確保しましょう。


場所

  • 全て
  • ロシア
チケットはJPYでのお支払いとなります。USD表示はおおよその価格ですので、参考までにご覧ください。

国際イベント

マリインスキー劇場, サンクトペテルブルク, ロシア
USD91.02 から USD72.77 から ¥10,409 ¥8,322 まだお求めいただけるチケット: 14
USD91.02 から まだお求めいただけるチケット: 14
チケットを見る
マリインスキー劇場, サンクトペテルブルク, ロシア
USD74.47 から USD59.56 から ¥8,517 ¥6,812 まだお求めいただけるチケット: 8
USD74.47 から まだお求めいただけるチケット: 8
チケットを見る
マリインスキー劇場, サンクトペテルブルク, ロシア
USD33.1 から USD26.46 から ¥3,785 ¥3,026 まだお求めいただけるチケット: 10
USD33.1 から まだお求めいただけるチケット: 10
チケットを見る
マリインスキー劇場, サンクトペテルブルク, ロシア
USD86.06 から USD68.8 から ¥9,842 ¥7,868 まだお求めいただけるチケット: 12
USD86.06 から まだお求めいただけるチケット: 12
チケットを見る