ルスランとリュドミラ

便利で簡単なチケットビスでルスランとリュドミラのチケットを確保して、世界最高峰のオペラを現地の歌劇場で満喫しましょう。
只今チケットビスではルスランとリュドミラのチケットを多数取り揃えています。このチケットをお探しの方は下記の一覧からお好きな一枚を選んでクリックしてください。

海外のチケットでも安心の日本語サービスで簡単にご希望のチケットを手に入れる事ができるチケットビスであなたのお気に入りの一枚を手に入れましょう!

作品概要・あらすじ

ルスランとリュドミラ」は、ミハイル・グリンカが1837年から1842年にかけて作曲したメルヘン・オペラ。ロシア語の台本は、アレクサンドル・プーシキンの1820年の同名の詩に基づき、ヴァレリアン・シルコフとニェストル・クコリニク、N.A.マルケヴィチらの共作。初演は1842年12月9日(ロシア旧暦で11月27日)にサンクトペテルブルクのボリショイ・カーメンヌイ劇場で行われました。

物語の舞台は、ウクライナやロシアの祖国として13世紀半ば頃まで東欧で栄えた国家キエフ大公国。リュドミラ姫と騎士ルスランは婚礼の最中に魔術師チェルノモールが現われ、リュドミラ姫はさらわれてしまいます。キエフ大公は直ちに姫の救出を命じ、無事に救出できた者に娘(リュドミラ姫)を与えると約束。オペラでは3人、原作では4人の若者が姫の救出へ向かい、妨害や誘惑を乗り越えて、最後はルスランがリュドミラと結ばれハッピーエンディング。

この作品の中で使われる音楽は、東方的な要素に加えて、不協和音や半音階、全音音階の想像性豊かな用法によっても名高く、管弦楽法で目立っているのは、第1幕において、スラヴの弦楽器グースリの音色を模してピアノやハープを用いているところ。
華々しく躍動感あふれる序曲は同オペラの中で最も人気が高く、演奏会やコンサートなどで単独でも数多く演奏されます。

チケット購入方法

チケットの購入方法はとても簡単!
ご希望のチケットを選択してください。次にチケットの引き渡しに必要な情報をすべて入力してください。
もし、旅行中にイベントに参加される場合は、配送先をイベントが開催される町のホテルなど、滞在先に指定していただくことをお勧めします。その際、配送指定先にチケットを受け取る人がいることを確認してください。
購入時に滞在先の住所がまだ分からない場合は、お住まいの住所を入力し、その後、メール help@ticketbis.co.jp または電話(03-4520-8996)で変更することも可能です。

最後はご希望の支払い方法を選んでください。(Visa, Mastercard, JCB, Dinners, American Experss 他)。あとは、指定した配送先で、チケットを受け取ります。
ご質問等がある場合は、「オンラインチャット」をご利用ください。常時専門のスタッフが回答・アドバイスを行なっております。

さあ!あなたも是非この機会にチケットビスを利用して、最高のオペラを満喫しましょう!

ルスランとリュドミラのチケットはチケットビスで!あなたのアクセスをお待ちしています!


場所

  • 全て
  • ロシア
チケットはJPYでのお支払いとなります。USD表示はおおよその価格ですので、参考までにご覧ください。

国際イベント

マリインスキー劇場, サンクトペテルブルク, ロシア
USD65.62 から USD52.46 から ¥7,504 ¥5,999 まだお求めいただけるチケット: 10
USD65.62 から まだお求めいただけるチケット: 10
チケットを見る
マリインスキー劇場, サンクトペテルブルク, ロシア
USD65.62 から USD52.46 から ¥7,504 ¥5,999 まだお求めいただけるチケット: 10
USD65.62 から まだお求めいただけるチケット: 10
チケットを見る