MAN WITH A MISSION (マン ウィズ ア ミッション)

謎のグループ「MAN WITH A MISSION」がカッコよすぎる!2010年に活動を開始した世界初の狼バンド、「MAN WITH A MISSION」のチケット・ライブ情報ならチケットビスにお任せください!

正体不明、国籍不明のオオカミバンド。その過去と行方は?

頭はオオカミ、身体は人間という外見の究極の生命体5人で構成されるという「MAN WITH A MISSION」は2010年11月に狼として初めての1stミニアルバム「WELCOME TO THE NEW WORLD」をリリース。なんとこのアルバムはCDショップで軒並み品切れとなり、インディーズ音楽試聴サイトaudio leafでは12月1日付audio leaf総合月間ランキング1位を獲得。その後狼として初めてアメリカツアーを敢行し現地のオーディエンスを沸かせました。

2011年、2029(臭う肉)枚限定シングル「NEVER FXXKIN' MIND THE RULES」を発売し完売。同年6月に日本クラウン・CROWN STONESよりセルフタイトルのアルバム「MAN WITH A MISSION」で狼として初めてメジャーデビューを果たしました。その後勢い留まることなく精力的に活動を続け、2012年4月、メジャー初のシングル「distance」を発売。その3日後には、ニッポン放送『オールナイトニッポンR』にて、Jean-Ken Johnnyがラジオパーソナリティに起用された『MAN WITH A MISSION ジャン・ケン・ジョニーのオールナイトニッポンR』が放送開始となり話題を呼びました。

ツアーやライブでは日本武道館、さいたまスーパーアリーナ等の大会場をオオカミファンで埋め尽くし、フランスやドイツでもライブツアーを敢行。音楽性としてはJ-POPを基調とし、メロコア、メロディック・パンク、ヘヴィ・ロック、ヒップホップ、ダンス・ロックなどが合わさったミクスチャー・ロックと評されることが多く、ほかにも、カントリー系の楽曲や、ストリングスをフィーチャーした楽曲等、積極的に様々なジャンルの要素を取り入れています。

国籍不明で、Jean-Ken Johnnyだけが人語を話すことができる設定ですが、メンバー全員が日本語を理解することはできている模様。謎だらけの「MAN WITH A MISSION」、正体は「grantz」なのでは?!という噂が飛び交っていますが、果たしてその真相は???

トーク最高!グッズもすごい!「MWAM」のライブ

定評のMCはもちろん、ライブツアーごとに、バラエティに富んだ様々なグッズを販売するというオオカミバンド。ふわもこ毛玉ストラップ、ガウ手袋、生肉ウォレット等、通販だと一瞬で売り切れてしまうんだとか!ライブ限定以外に定番商品もあるそうなので、気になる方は公式サイトをチェック。何よりもグッズを買うならライブ会場が一番!身につけれるものは全部身に着けてライブに参戦しよう。マンウィズのライブはとにかく楽しく熱いのでタオルや着替えもお忘れなく!

ライブの醍醐味はやっぱり会場の雰囲気や会場全体の一体感を体で感じること。あなたも是非チケットビスでMAN WITH A MISSIONのチケットを取って、正体不明のオオカミバンドとライブやフェスで最高のひとときを過ごしませんか?


場所

  • 全て
  • 日本
チケットはJPYでのお支払いとなります。USD表示はおおよその価格ですので、参考までにご覧ください。

今後のイベント日本

さいたまスーパーアリーナ, 埼玉, 日本
Support Act: Man With A Mission
USD192.93 から USD173.82 から ¥22,000 ¥19,821 まだお求めいただけるチケット: +100
USD192.93 から まだお求めいただけるチケット: +100
チケットを見る